maribonnnuの気まま~なシンプル生活

我が家の11歳と10歳のヒヨコちゃん達との小さなHAPPY・食卓の1品・お気に入りのもの・趣味の食べ歩きのことなど、つれづれなるままに紹介させていただいているmaribonnnuの気まま~なお部屋です。

2010年07月

「おとーたん」「おかーたん」♪

1歳9ヵ月

さて、ピヨちゃんの私への人見知りもようやくなくなり、会う度に手を広げて「抱っこ」のおねだりのポーズをしてくれるようになりました。

本当は膝の上ではなく、抱っこしてブラブラと歩いてあげたりしたいのですが、切迫早産は重たいものを持ったり立ち上がったりするのは厳禁

出産が終わったら、まず思いっきり抱っこしてブラブラ歩き回ってあげたいですね
20100802182121[1]

私が入院中ばばぁばが色んな言葉を教えてくれているようで、ある日面会に来て初めて「おかーたん」と言ってくれたのです。

もちろん「おとーたん」という言葉も言えるようになっていました。

「ママ」や「パパ」と呼ばせていなかったのでなかなか5文字の「おとうさん」「おかさん」と呼んでもらえなかったので「おかーたん」のいう言葉を聞けた時はとても嬉しかったな

関西にいるプースケにも携帯電話を通して「おとーたん」と聞かせてあげたらやっぱりとても喜んでいました

 

<じいじの膝の上で>

姉のバッグをいじりたくて泣き出すピヨちゃん


20100729132521[1]

<いつも待合室から病室まで車椅子を押してくれます>

病室への子供の立ち入りは禁止なので、いつも病室の前でお別れです。

入ってはいけないことをわかっているのか、別れ際にいつも「バイバイ」と手を振ってくれます。


20100801101003[1]

 

【おまけ】

<お風呂場で水浴び

20100725124946[1]

 

<ばぁばと公園へ>


100813_155514[1]

<立ちこぎもお手の物


100813_113941[1]

 

<プースケと妹と葛西臨海公園へ>

おっきなお魚だね

プースケは週末たまに来て、ピヨちゃんを遊びに連れて行ってくれています。強力な助っ人には妹がよく同行してくれています


100731_132350[1]

思い出してくれたかな♪

1歳9ヵ月

さてさて、10日程会っていなかっただけで、その後2回目の面会でも人見知りをされてしまいましたが。。。

3回目の面会でようやく「だっこ」をせがんでくれるようになったんです

週末関西から来ていたプースケも一緒だったので、なんとなく普段通りの気持ちを取り戻してくれたのかもしれませんね

今まで当たり前にしていたピヨちゃんの抱っこをこれほど嬉しく思った時はありません

b9a363fa[1]

自宅からお願いして持って来てもらう本や雑誌をひたすら横になって読むだけの生活が基本ですからで、家族と面会してお話できるのは気分転換もはかれて勿論嬉しい。

でもピヨちゃんが抱っこをせがんでくれるようになってからは「心の安らぎ」がプラスされて、より一層楽しみになりました。

 

それからもうひとつ心安らぐ嬉しいことが

入院期間中もずっとメールで体を気遣ってくれたおかあさん友達のSちゃんが、元気の出るかわいいメッセージカードと心のこもったお手紙を送ってくれました。

<ベッドの横の棚に飾っていつも眺めていました>

先生や看護師さん達にもよく「かわいいね」って言ってくれていました


20100711160917[1]

一緒に送ってくれた「オラット」のラウンドパンは、おやつ類が一切でない病院食の中、毎朝少しづつ楽しみにしながら頂いていました。

 

メールでは、気持ちがやさしくなれる素敵な絵画の写真を撮って送ってくれたりも。


NEC_0126[1]

その他ピヨちゃんの遊び友達のHくんの様子を写真で送ってくれたり、近況を教えてくれたりと色々元気付けられました。

本当にどうもありがとう

 

【おまけ】

関西から来ているプースケがピヨちゃんの写真を撮って送ってくれました。

<野球帽が似合う活発な女の子に成長しているようです

100711_134040[1]

<こんなおしゃまな一面も


PT340002[1]

■ピヨちゃんがプイッ。。

 
今日は七夕です。

病院の待合室に飾ってある笹の葉に、今一番の願い事を書いてお札を吊るしてもらいました

20100703171838[1]

 さて、入院して以来ほとんど毎日母をはじめ、家族がお見舞いに来てくれています。
ただ、病室は感染対策上子供が入ってはいけないことになっているので一番会いたいピヨちゃんには残念ながらベッドの傍らでゆっくり会うことができません。

車椅子で待合室に移動すれば今の段階では30分を限度に面会することができるので、週末などはピヨちゃんを連れて来てくれました。

ところが。。入院して10日程経って久しぶりに会うと、なんと私から目を背け、ずっと下を向いて顔を合わそうともしないのです

これは、明らかにピヨちゃんが人見知りしているときにする態度です。

点滴をつないで車椅子に乗っているため奇妙に思えたのか
それとも入院して急に痩せてしまってなんだか違う雰囲気に見えてしまってせいか

ともかく、ずっと会えるのを楽しみにしていたのでとてもショック。。

「しばらく会っていなかったから恥ずかしがっているのかな。面会の間隔が空きすぎないようにこれからはもっといっぱい連れてくるね。」って母が言ってくれました。

またいつものように抱っこをせがんでくれればいいなぁ~。



【おまけ①】

便秘は腹圧がかかるので、切迫早産の状況を悪化させてしまいます。

もともと便秘がちな体質の上に動かないのでますます便秘がちになり悩んでいました。
そこで、、母にお願いして持ってきてもらっったたっぷりのお野菜や食物繊維たっぷりの煮物
毎日うそのようにスッキリお通じが出るようになりました

~快便のお守りたち~

<入院中一番よく食べていた「煮キャベツ」>

キャベツは今までちょっと便秘気味だな。。と思ったら必ず食べていた私のお守りのようなものなんです。
普段は生で食べることが多いのですが、かさばらないように煮て持ってきてもらっていました。

20100719182254[1]

<食物繊維たっぷりの煮物>

こんにゃくやごぼうなど食物繊維が豊富な食材をたっぷり使って作ってもらっていました。
こんにゃくは、よく会社帰りの妹に買ってきてもらっていました。
煮物も数日おきくらいによく食べていたかな。

20100708080806[1]

<おかひじき>

おやじさんが畑で収穫する「おかひじき」

シャキシャキした食感がおいしい。
食べれるところを抜き取る作業が大変なんだそうです。
どうもありがとう~

20100727081421[1]

<これは毎日2日分づつお茶などと一緒に飲んでいました(そのまま食べてもまぁいける。。)>

効果がイマイチよくわかりませんでした。
これは、お水もたっぷりとることで効果が出やすいそうです。

20100708082851[1]

【おまけ②】

1歳8ケ月

~母がたまに送ってくれるピヨちゃんの写真は心の支え~

<ちょっと恥ずかしがっているときやイタズラするときに舌を出します>

20100625124821[1]

<じいじと一緒に運転

20100629173404[1]

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

maribonnnu

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ