maribonnnuの気まま~なシンプル生活

我が家の11歳と10歳のヒヨコちゃん達との小さなHAPPY・食卓の1品・お気に入りのもの・趣味の食べ歩きのことなど、つれづれなるままに紹介させていただいているmaribonnnuの気まま~なお部屋です。

2010年08月

ピヨちゃんに弟ができました♪

8月22日(日)の日付が変わってすぐに、ピヨちゃんの弟が生まれました

先週土曜日に病院を退院してその後も1週間子宮の張り止めのお薬(ウテメリン)を飲んでいましたが、服用をやめたその日の夜、破水してしまいました。

陣痛より破水が先の前期破水の場合はゆっくりしている暇もありません。

とにかく急いで両親と病院へ。

勿論、陣痛室でゆっくり聴こうと思っていた大好きなカノンのCDも痛みをこらえるためにしがみつこうと思っていた抱き枕も何もない体一つの状態です。


破水後しばらくして10分間隔の陣痛が2時間余り。
そして、本陣痛が始まってから5分後には「オギャー」という元気な声が聞こえてきました。


1人目も本陣痛からは30分と早かったですが、もともと赤ちゃんが下がり気味だったせいか、本当にスピード出産となりました。

2人目とはいえど、あまりに急な出産の運びとなったため、予定日までにゆっくり復習しようと思っていた呼吸法などもわからず不安はありましたが、体は覚えているものです。
自然と陣痛にあわせて呼吸ができていました

退院して早々1週間で病院に戻り、今日からまた5日間病院で入院です。

でも今回の入院は2か月前に夢見ていた赤ちゃんと一緒の入院ですから、気持ちも全然違います

しかも、点滴もつけることなく自由に動くこともできますし、面会に来てくれたピヨちゃんを抱っこして弟を見せてあげることもできます。

なんて身軽になったんだろう~


<病院で出していただいたお祝い膳>

20100824181344[1]

おねえちゃんの練習?♪

1歳10ヶ月

病院から退院してから1週間が経ち、今日でやっと「正期産」の37週0日に入りました。
つまり、今日以降赤ちゃんが生まれても「早産」にはならないんです

切迫早産で長期にわたり入院していたこともあり、今日の日を無事迎えることができ一際ホットしました。

さて、今日は姉が9ヶ月の赤ちゃん、ピヨちゃんにとっては従姉妹のMちゃんを連れて実家に遊びに来ました。

ピヨちゃんはもうすぐ弟ができるのことを感じ取っているのでしょうか
とてもかいがいしくMちゃんのお世話を始めたのです。

<ミルク、どうぞ>

20100821131702[1]


<まんまも、どうぞ>

20100821125649[1]

<抱っこもしてあげるよ>

体格のいいMちゃんを持ち上げるのはまだ無理そうだけど、がんばって~

20100821142509[1]

【おまけ】

退院翌日プースケと線香花火を。
今日で2回目の花火。1回目に見たときは「お~」って感激していたけど、今回はあまり。。

線香花火を見るのはとても久しぶりです。子供のころ、夜家の前に集まって近所の子供たちみんなで花火をよくやったのを思い出します。

20100815210945[1]


<お庭でプースケと水浴び>

この暑さですから、気持ちよさそう
この夏は、じいじにもよく水浴びで遊んでもらったそうです。
昔、私もビニールプールでよく遊んだなぁ

20100815114030[1]



【おまけ②】

姉が入院中私がずーーっと食べたいといっていたショートケーキとチーズケーキを持ってきてくれました。
病院ではクリームやチーズなどは一切出なかったので、ずーっと恋しくて仕方ありませんでした。
欲をいえば大好きなワインも飲みたいけどそれはさすがに我慢

<あ~、幸せ

やっと念願かなってのホイップクリームです

20100817154019[1]

わ~い濃厚なチーズケーキ。

20100817154146[1]


<地元で有名なル・パティシエ・ヨコヤマ名物の「谷津ロール」>

シンプルだけど上質な味がします。

20100817154115[1]

 

<ルピシアのパイナップルウーロンと一緒に>

パイナップルのウーロン茶。
「えっっ」と思うかもしれませんが、なぜかとーーってもフルーティーで美味しいのです
季節限定品。
母はハーブティーが大好きで色んなハーブティーを集めています

20100817164251[1]


みんな、ありがとう♪

1歳9ヶ月

今日は待ちに待った退院日

結局赤ちゃんが自力で呼吸できる36週まで52日間の長期にわたって入院生活を送ることになりましたが、長いトンネルから出られるこの日を心待ちにしながら、朝起きたらまずカレンダーをつぶしていくのが日課でした。

入院中は弱気になっている私を元気づけてくれた看護士さんや先生、メールで励まし続けてくれたプースケやSちゃんや、友人たちをはじめいろんな方にお世話になりました。

中でも毎日ピヨちゃんのお世話や散歩をしてくれたり、週3日~5日も面会に来てくれていた家族に感謝したいと思います。

<待合室でばぁばと体操>

何かと一番お世話になったばぁば。

私のいろんな要望も仕事の合間を縫ってこなしてくれました。

母親のありがたみをかみしめました。
20100806143658[1]

<じぃじ抱っこ>

じぃじは主にピヨちゃんの遊び係や病院までの運転手を引き受けてくれていました。

便秘解消も含めてお野菜大好きな私に畑からお野菜を収穫してきてもらったりもしていました。

畑で作るお野菜は無農薬なのでおなかの赤ちゃんにも安心してたっぷりたべられました。

つるむらさきや、オクラやおかひじきなど。おいしかったなぁ
20100804135029[1]

おなかぺろーん。なかなか柔軟性あるね
20100804135228[1]

 <おばさん(姉)抱っこ

姉は私の好きなブラックコーヒー(本当はカフェインはよくないんですが、たまに飲むのがストレス解消でした)を毎回もっって来てくれたり、図書館で小説を借りてきてくれたりしていました。
20100728120414[1]

妹は週末に訪れて退屈しのぎに漫画や雑誌を持ってきてくれたり話相手になってくれたり

プースケも週末に関西から来てピヨちゃんと遊んでくれたり

そして、おとうさんのプースケとも私とも離れ離れになって我慢してくれていたピヨちゃんにも「よく我慢してくれていたね」とありがとうってギューってしてあげたいです。

<毎回車椅子を押してくれてありがとうね

20100728120959[1]


自動販売機にお金を入れてボタンを押すのが大好きです。
出てきた飲み物を持ってきてくれるのがお見舞い時の日課

 <はいどーぞ>

20100725171358[1]


<猛暑スタイル>

今年の夏は連日猛暑続き
ピヨちゃんはよく涼しげなランニングで来てくれました。
私は6月下旬からずっと入院していたので、この夏の暑さを知りませんでした。
今日病院を出て初めてジリジリと焼けるような暑さを感じました。
このうだるような暑さでさえ私にとっては新鮮

20100807171241[1]

 <おニューの帽子>

日射病にならないようにお帽子をばぁばに買ってもらいました。

20100810182015[1]

気に入ったかな

2010082313220000[1]

長い入院生活もかかわった全ての人達のお蔭で快適に過ごすことができました。

本当にみんな、ありがとう

【おまけ】

特にピヨちゃんが生まれてからはほとんど本を読まなくなってしまっていたので、まとまった時間に恵まれた今がチャンスとばかりにとにかく本を毎日読んで時過ごし、最終的に22冊の本が読めました。

特に面白かったのは山崎豊子の「不毛地帯」

紙が茶色ーくなっていていかにも古い感じのハードカバー。

恐らくおやじさんが若いころ出版初版で買ったものでしょう。。

20101002151748[1]

記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

maribonnnu

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ